O2家具事業
コイズミファニテック株式会社
PEOPLE O2 先輩紹介
榊原 遼子 SAKAKIBARA RYOKO 商品部 EC・販促企画室
2017年入社 営業職
SCROLL

現在の仕事内容とやりがいを
教えてください。

私は美術系の大学でデザインとモノづくりの基礎を学びました。興味のある分野で学んだことを活かしたいと思い、出会ったのがコイズミファニテックでした。
現在の主な仕事内容は、EC事業における企画・販売業務です。私が目指しているのは、ブランドのコアなファンづくりと売上向上に結びつくECサイトの構築です。EC事業は立ち上げから携わっているのですが、商品の魅力を伝えるため、「分かりやすくデザインが綺麗」「操作しやすい」といった表層的なことから、「窓口対応に満足した」「他社製品より使いやすい」といったサービスの質に関わることまで、幅広い視点で考えて業務に取り組んでいます。
コイズミファニテックの家具は、小泉産業グループの中でもBtoCに特化した商材であるという特徴があります。その製品開発から販売までを一貫して取り組めることに大きなやりがいを感じているのですが、自分が携わった商品を手にしたお客様の反応をダイレクトに感じることができるのも、大きなやりがいですね。

心に残っているエピソードを
教えてください。

入社2年目に配属された部署で、オフィスの空間提案コンペに参加した時のことが、今でも印象に残っています。
初めて海外出張を経験し、何もない状態から手探りで海外のメーカーとやり取りをしたり、クライアントと打ち合わせを繰り返したり、タイトなスケジュールの中で試行錯誤しながら進める業務は、とても刺激になりましたね。また、進化するオフィスと働き方について学び、色や素材を選び、空間デザインのプレゼン資料をまとめるうちに、家具への知識と幅も自然と広がり、とてもワクワクしたのを覚えています。ちなみに、コンペ結果は私たちの提案で入札が決定しました!
マニュアルのない事業にゼロから携わるのは初めての経験でしたが、営業に同行してクライアントからより多くの情報を引き出す会話術を学んだり、開発の先輩に提案書の作成を手伝っていただいたりして、チーム一丸となって取り組んだ苦労と成功体験は、今の仕事の糧になっています。顧客との関係づくりなどの経験は、現在の営業業務にも活かされていますし、今後もずっと大切にしたい良い思い出ですね。

未来への展望

Message

家具業界を引っ張るKOIZUMIブランドの中で、マルチに活躍する1人でありたいです。
入社した頃は、「企画、デザイン、営業活動、何でも経験したい!」と思っていました。有り難いことに、いくつかの部署でいろいろな仕事を経験することができ、入社当時は漠然と目標にしていたことが、現在は実現できています。
今までの経験を活かし、アウトプットの精度を上げることによって、どんなことでも「KOIZUMIの榊原さんに任せます」と頼りにされるよう、社内社外を問わずリピーターを増やしていきたいと考えています。

MOVIE

動画で見る、
KOIZUMIのリアル

ダミー文章です実際のテキストではありませんこの文章は文この文章は文字の大きさを確認するダミー文章です実際のテキストではためのダミー文章です実際のテキストではありません文字数をきさを確認するダミー文章です実際のテキストではありませんこのダミー文章です実際のテキストでは

MORE MOVIES
動画で見る、KOIZUMIのリアル
エントリー・マイページログイン